〜合宿施設〜

施設案内

東陵公園

体育施設をオールインワン

球技場・陸上競技場・野球場・テニスコート・パークゴルフ場・武道館・体育館が一箇所に集中!武道館と体育館にはトレーニング室も完備。中心街から車で10分と近い場所にあるのも特徴です。屋外競技では、ラグビーや陸上合宿、屋内競技では、バレーボールや柔道合宿の受入れ実績があります。

 

>>詳細はこちら

武道館

陸上競技場

平成25年に完成した新しい施設です。柔道の国際規格に対応した試合場2面の道場をはじめ、剣道場2面や多目的道場のほか、近的10人立が可能な弓道場を備えるなど、多くの武道に対応しています。また、トレーニング室もありますので、東陵公園内での合宿期間中に利用することもできます。

 

>>詳細はこちら

日本陸上競技連盟第3種公認の陸上競技場は、全天候型ウレタン舗装の400mトラック8コースを有し、その他、走り幅跳・三段跳兼用砂場や、棒高跳、砲丸投、槍投、円盤・ハンマー投等の練習が可能です。

毎年6~7月に、中長距離の陸上競技記録会である、ホクレン・ディスタンスチャレンジ北見大会も開催されています。

 

>>詳細はこちら

体育館

球技場

道立北見体育センターと、北見市立体育センターが併設されており、各種室内競技での利用が可能です。
夏のラグビー合宿では、雨天時の室内練習や、ウエイトトレーニング等に利用されています。

 

>>詳細はこちら

ラグビー、サッカーの練習・試合が可能なグラウンド1面があります。毎年、各種大会や合宿等に利用されており、夏季ラグビー合宿時には、ラグビーフェスティバルが開催され、トップリーグの試合も行われます。

 

>>詳細はこちら

北見モイワスポーツワールド

朝起きたら目の前にグラウンド

宿泊コテージの前には天然芝グラウンドが4面!その他、テニスコート、パークゴルフ場の他、レストランや焼肉ハウスもあり、食事も打上げもすべて対応可能です。グラウンド脇には、勾配のある芝生路面も多く、陸上合宿での練習にもご利用いただけます。

 

>>詳細はこちら

北見自然休養村センター

これぞ合宿地!

夏は徒歩5分の天然芝グラウンドでラグビー合宿が行われ、冬は宿泊場所の目の前がスキー場になります!中心街からは少し離れますが、安価な宿泊料も特徴で、団体利用で料金がさらに安くなります。(高校生以下15人以上。大学生・一般20人以上)

 

>>詳細はこちら(スキー場)

>>詳細はこちら(自然休養村センター)

市民温水プール

練習からクールダウンまで

平成27年に開館した新しい市民温水プールは、東陵公園から徒歩10分圏内にある25mプールです。水泳競技の他、グラウンド競技の試合後のクールダウンにもご利用いただけます。トレーニング室にはオホーツク管内唯一のパワープレートも完備し、その他、ランニングマシンやウエイトマシンがあります。

 

>>詳細はこちら

河川敷グラウンド

あの選手もここで合宿を…

河川敷の緑地帯を利用したグラウンドは、高校生から社会人まで幅広く利用されています。2015年ラグビーW杯で活躍した五郎丸選手の元所属チーム、ヤマハ発動機ジュビロのメイン練習グラウンドです。

 

>>詳細はこちら

アドヴィックス常呂カーリングホール

隠れパワースポットでチームの結束力を高めよう

2016世界女子カーリング選手権大会で日本勢初の銀メダルを獲得した、カーリングチーム「ロコソラーレ」のメイン練習ホールです。国内最大の競技場数6シートを備えた専用屋内施設は、オールシーズン利用可能で、過去には韓国ナショナルチームの合宿も行われています。
チーム結束を高めるレクリエーションとして、カーリング体験を行うこともでき、夏に利用したラグビーチームが、そのシーズン中に活躍しているという縁起の良い施設でもあります。

 

>>詳細はこちら

〜施設マップ〜